空の恵

青森県は三方を海に囲まれ、県の中央部に位置する奥羽山脈により県内を二分されており、同じ県内でも日本海側と太平洋側とで地域により気候が大きく異なります。冬季は日本海側から吹き付ける冷たく湿った空気により積雪量が多く、一方で南部地域の夏季は太平洋側を中心とした偏東風"やませ"が吹くため昼夜の寒暖差が大きく低温、多湿の日が多くなります。南部地域特有の気候"やませ"が根菜には適しており、厳しい寒さに耐え忍んだ根菜たちは旨味と栄養を蓄えます。この空からの恵みは、私たちに四季の移り変わりとともに季節ごとの楽しみも感じさせてくれています。

六つの恵を紹介