パイカ

sozai-key

パイカを地元の名物に

paika02

最近話題の食材“パイカ”は、部位でいうと「豚バラ軟骨」の部分を指します。このパイカは、厚さ1~2センチ、幅10センチ、長さ30センチの肉で、豚一頭からわずか2枚しか取れない希少部位。破棄され、市場に出回ることがあまりなかったこの部分に着目したのが、東北でも豚肉生産量トップクラスの青森県三沢市です。数年前から同市の畜産公社が「地元の名物を作りたい」とイベントなどで「パイカ煮」を振る舞ったことがキッカケで、一気にパイカの人気が高まり、現在ではイベントはもちろん、市内飲食店などでもパイカ料理が定着しています。

パイカを食べるなら断然“煮込み系”

 
paika01

いまや三沢を代表する「パイカ」。どのような食べ方があるのでしょうか?市内の飲食店では、照り焼き、カレー、ラーメン、丼ぶりなど様々なメニューで提供されていますが、やはり王道は、じっくり煮込んだ「パイカ煮込み」。

煮込む時間を調整すれば、好みの食感で軟骨を楽しめます。地元の根野菜と一緒に煮込んだぷるぷる、トロトロ、ホロホロなお肉。六景楽市では、三沢名物を遠方の方にも味わっていただけるように、「パイカ赤ワイン煮」や「パイカみそ煮込み」、「パイカ丼の素」を取り扱っています。飲食店さんの味をそのままレトルトパウチした商品なので、どこにいても三沢の名物の味を楽しめます。ぜひお試しください。

この素材を使った商品一覧

みさわパイカみそ煮込み

みさわパイカみそ煮込み

778円(税込)

彩喰楽酒 だい天

三沢パイカ丼の素

三沢パイカ丼の素

1,296円(税込・送料別)

合同会社 巧房(街の社員食堂)

みさわパイカ赤ワイン煮

みさわパイカ赤ワイン煮

778円(税込)

彩喰楽酒 だい天

その他の素材一覧