小川原湖漁業協同組合

20_key2

宝湖と呼ばれる「小川原湖」 知られざる魅力

20_img01

周辺を八甲田山系などの豊かな自然に囲まれ、貴重な動植物が多く生息する「小川原湖」。
青森県、東北町にある小川原湖は日本で11番目に大きな湖で、近隣住人の憩いの場としても親しまれてきました。
多くの水産物がとれるため「宝湖」と呼ばれる小川原湖は、しじみやワカサギ、しらうおの漁獲量は全国でもトップクラスを誇ります。しかし、魚の質や量は他の地域に負けない自信があるのに小川原湖産の魚を選んで購入してくれる方はそう多くありません。

豊富な食材がある_
美味しさにも自信がある_
「どうしたら小川原湖産の魚が食べたいと、たくさんの方に思ってもらえるだろうか?」

漁師さんは魚介の買い取り価格が下がることに不安を抱える毎日、漁協で働く人達は宝湖を目の前してもっと全国の人に小川原湖の良さ、魚介類の美味しさを知ってもらいたいと知名度向上に苦悩、奮闘する毎日なのでした。

知られざる魅力の一つ、「しらうお」 六次産業化への参入

しらうお漁

「周りの農家さんが六次産業化に取り組んでいるというが、漁師もできないだろうか?」
周囲からそんな声を聞いた小川原湖漁協の細井さんは、これだ!と思いました。
六次産業化に取り組む農家さんがブランド化に成功しているように、小川原湖の魚も加工品として販売することで知名度が上がり、多くの人に選ばれるようになると考えたのです。
まず、小川原湖の知られざる魅力の一つ「しらうお」から始めることにしました。

「しらうお」は通常市場に出回る「しろうお」と姿は似ていますが全くの別物で、細長く半透明の優美な姿が女性の細くて白い指に例えられるほど美しく繊細な魚です。 しかし、産地が極めて少ないうえに鮮度が落ちやすいため一般のスーパー等で見かけることはめったにありません。
そこで、少しでも取り扱いやすい商品に加工して販売をすることで「小川原湖産のしらうお」の知名度向上に繋げようと考えました。

漁師だからこそ、うまい食べ方。漁協だからこそ、とれたて新鮮。

20_img03

漁師の中では、しらうおと言ったらやはり刺身。食べきれないものは干して煮干しのように食べるのが定番です。刺身や煮干しも美味しいのですが、刺身は独特の苦みが苦手な方もいるので、もっとたくさんの方に手軽に味わって頂ける方法を考えました。

網にかかったり空気に触れただけで死んでしまうほど繊細なしらうおを、美味しさはそのままに食べてもらうにはどうしたらいいだろうか。試行錯誤の中、しらうおの煮干しを作るときに、さっと茹でた状態がとても美味しかった事に気付きました。軽く茹でたしらうおはふっくらとした食感と繊細な風味があり、淡水魚独特のにおいがなくなるのでとても食べやすかったのです。

小川原湖漁業協同組合は敷地内に加工施設があるため、水揚げ直後の一番新鮮な状態をそのまま加工することができます。
こうして、小川原湖漁業組合の初商品である「釜揚しらうお」は出来上がりました。

「しらうお=小川原湖」 小川原湖産の魚だからと選んでほしい

20_img02

まずは、「しらうお」を食べてもらう事で、一緒に「小川原湖」の事も知ってもらうことが目標。

「しらうおは高級魚なので年配の方向けのイメージですが、若い方にもぜひ食べてほしいです。高級魚のイメージは崩さずに、多くの人に手軽に食べてもらって、親しんでもらいたい。矛盾しているけれど、それが本心です。」と小川原湖漁協の細井さんは言いました。

どんな分野の生産者さんも自分が愛情込めて育てたものをたくさんの方に食べてもらいたいと思うはず。小川原湖漁協は、そこにある宝湖の知られざる魅力と漁師さんの代弁者としてこれからも小川原湖PRのため活動を続けていきます。
「しらうお」の加工品は、小川原湖産の魚介類を選んでくれる人が増え、地域が発展していく未来につなげるための第一歩。今よりも多くの人に愛される小川原湖にするための取り組みは、まだまだ始まったばかりです。

生産者情報

販売者
小川原湖漁業協同組合

所在地
青森県上北郡東北町旭北4丁目31-662

TEL
0176-56-2104

代表者
代表理事組合長 濱田正隆

ウェブサイト
http://www.jf-ogawarako.com/

生産者をもっと見る

空飛ぶごぼうPROJECT

産地を飛び出せ!空飛ぶごぼうPROJECTの挑戦。

空飛ぶごぼうPROJECT

寿司割烹海幸

1~5月に地元の太平洋海域で捕獲した天然本ますに、岩塩とグラ…

寿司割烹海幸

一般社団法人 東通村産業振興公社

東通村で生まれ、東通村で育つ。大地の恵みに、手間を惜しまず、…

一般社団法人 東通村産業振興公社

和・洋菓子の店むらなか

野辺地町から“笑顔・感謝・楽しんで”を商品にのせてお届け。

和・洋菓子の店むらなか

合同会社 巧房(街の社員食堂)

「また食べたい、もっと食べたい!」地元三沢の味を追求していま…

合同会社 巧房(街の社員食堂)

有限会社 マルナカ漁業

生産から加工まで、じっくり愛と手間をかけてできた貝柱。

有限会社 マルナカ漁業

材 株式会社

地元農家が愛す地元食材を、地域ブランドとして県外へ発信。

材 株式会社

彩喰楽酒 だい天

地元の特選食材をふんだんに使った商品開発の裏にある、三沢を愛…

彩喰楽酒 だい天

有限会社 三咲羽や

地元、三沢市のほっき貝など県産食材と情熱のつまった商品開発へ…

有限会社 三咲羽や

澤谷養蜂園

自然の恵への感謝とミツバチへの愛情が育む 日本一の「菜の花生…

澤谷養蜂園

(株)和がや みさ和活魚センター

自分たちのつくる味こそが、三沢の味になる。 おいしさとともに…

(株)和がや みさ和活魚センター

株式会社 東北すっぽんファーム

温泉を活かしてすっぽん養殖!? 新名物で地元・東北町を盛り上…

株式会社 東北すっぽんファーム

ベジ工房

昔からある食材でおいしく身体に良いものを。それは家族に料理を…

ベジ工房

小川原湖漁業協同組合

小川原湖の自然と美味しさを ずっと守っていきたいから

小川原湖漁業協同組合

みっちゃん工房

人と人とのつながり いつもそこから何かが生まれる

みっちゃん工房

市川養蜂場

丹精込めた蜂蜜と青森の自然の恵みを閉じ込めて

市川養蜂場

農事組合法人 岡山牧場

手をかけ愛情注いで育て上げた自慢の牛です

農事組合法人 岡山牧場

特定非営利活動法人 菜の花トラスト

太陽をたっぷり浴びた小さな菜の花を大きな可能性に変えました。…

特定非営利活動法人 菜の花トラスト

横浜町漁協女性部 ブルーマリン

横浜町漁協のかっちゃは今日も元気いっぱい

横浜町漁協女性部 ブルーマリン

有限会社すぎやま

地域が活きる味をそのままに。前進し続ける商品展開。

有限会社すぎやま

NPO法人 マンパワー

地元食材を使って、地域への想いを黒にんにくの旨みに詰め込みま…

NPO法人 マンパワー

有限会社マルヨシ

越冬にんじんで、地域の“冬”の時代を乗り切る

有限会社マルヨシ

株式会社Growth

ごぼうを地域から世界へ成長しつづける会社

株式会社Growth

スギヤマ商店

青森の隠れた逸品を“こだわり”の乾物に

スギヤマ商店

ろっかしょ村おこし 和の工房

地元食材を生かした商品開発で、村民の健康と自立した収入を目指…

ろっかしょ村おこし 和の工房

遠田秋月堂

栽培面積全国第5位のブルーベリーを活用したユニークな商品づく…

遠田秋月堂

松緑福祉会かけはし寮 工房プエンテ

まるで果実そのまま。自家栽培、無添加・手づくり、こだわりの味…

松緑福祉会かけはし寮 工房プエンテ

一般財団法人 野辺地町観光協会

季節や世代を問わずに親しまれるカワラケツメイ商品づくり

一般財団法人 野辺地町観光協会

居酒屋れすとらん えび蔵

旬のおいしさをそのまま食卓へ。品質に対するたゆまぬ挑戦

居酒屋れすとらん えび蔵

エム・エフ株式会社

無農薬、有機栽培のヤーコンをおいしくたっぷりと

エム・エフ株式会社

パン工房ビリオン

地元名産のカワラケツメイを活かして

パン工房ビリオン