澤谷養蜂園

24_key

菜の花作付面積日本一。青森県横浜町で養蜂を営む、澤谷養蜂園。

澤谷養蜂園"

青森県横浜町で養蜂園を営む澤谷ご夫妻。 現在は三代目として、先代から受け継いだ巣箱を守っています。ここ横浜町は菜の花の作付面積日本一を誇ります。広大な菜の花畑があるからこそ良質な蜜がたくさん採取できるので、ミツバチにとっても養蜂家にとっても恵まれた場所と言えます。横浜町では菜の花の時期が終わってしばらくすると「うつぎ」という花が咲き始めます。うつぎは咲き始めは白く、だんだんときれいな薄紫色に変化する花です。横浜町では昔から、畑の生け垣に目印としてうつぎの木を植え、境界線にしていたそうです。

しかし花の時期はとても短く、菜の花とうつぎ、とちの花や栗の花が終わるまで2ヵ月ほどしかありません。ミツバチたちはその短い期間に休むことなく蜜を集め続けるのです。 そんなミツバチたちを見ている澤谷夫婦は、まるで我が子を見ているかのような優しいまなざしから、養蜂家にとってミツバチたちは家族同然なのだと感じました。

ミツバチにとって母でありたい。それが養蜂家のこころがけ。

24_img_02

雨や寒さ、暑さにも弱いミツバチが寒暖の差激しい青森県で過ごせる期間はとても短いものです。天候や花の生育状況によってはさらに少なくなる年もあります。 「自然や花、生き物が相手の仕事だから中々思うようにいかないときもあるけれど、だからこそ楽しいし、やりがいがあるよ。」 そう言いながら作業する澤谷さん。養蜂という仕事は、すべてが自然から与えられるもので成り立ちます。「天候が悪いと花が咲かない、花が咲かないと蜜が取れない、蜜が取れないとはちみつが出来ない」このサイクルのすべての条件が整った時、最高のはちみつが出来るのです。そのためミツバチたちを少しでも手助けしてあげることが養蜂家の仕事。良質なはちみつを採取するため、元気なミツバチを育てることも重要です。人間でいう母のような存在、家族が元気に健康に暮らせるよう愛情をかける、それがミツバチたちにとっての養蜂家なのかもしれません。

澤谷養蜂園を代表する商品。「菜の花生はちみつ」

24_img_03

澤谷養蜂園の商品の中で一番のおすすめは「菜の花生はちみつ」という商品です。 この「生」というのは、採蜜直後に瓶詰し熱を加えない即詰非加熱のはちみつです。菜の花の蜜は果糖よりブドウ糖のほうが多く含まれており、すぐに結晶化しやすいという性質をもっています。 その性質から、ほかの花の蜜を集めるミツバチが菜の花の蜜を採ってしまうと一部が結晶化してしまうので、扱いづらいという理由で他の養蜂家達からは敬遠される花でもあります。

しかし、結晶化するのは純粋である証拠。 何も加えていないからこそ出来るきめ細かな結晶がそれを証明してくれています。その生はちみつは採蜜した当日しか製造できない即詰瓶詰はちみつとなっています。そのため朝早くから採蜜作業を行い、一日で採れる限られた量しか販売出来ないという貴重なはちみつです。嘘がつけないピュアなはちみつ、それが「菜の花生はちみつ」なのです。

自然と生き物との共存。養蜂家のミツバチに対する深い愛情。

24_img_04

澤谷夫婦とミツバチたちは、花の時期が終わると千葉県の南房総へ移動します。 そこでミツバチたちの羽を休ませながら、蜜は採らずに自然に近い状態で生活をさせます。 そしてまた、次の春に備えるのです。

「蜜を採らない期間も重要な仕事。元気で健康なミツバチを育て続けるのは決して簡単なことじゃない。でも一生懸命に蜜を集めるミツバチたちの手助けができるこの仕事が、私は好きなんだ。」 そう言って微笑む澤谷さん。

「はちみつは集める花の種類で色も味も全然違う。ミツバチにしか作れない天然のものだからこそ自然のあらゆる恵みに感謝し、ミツバチと共存しながら、これからも美味しいはちみつを皆さんに届けたい。」 健康や美容にとても良いとされる、はちみつ。その裏には養蜂家のミツバチに対する深い愛情が、自然の恵みをたたえた結晶のように輝いていました。

生産者情報

販売者
澤谷養蜂園

所在地
青森県上北郡横浜町字中畑40-6

TEL
0175-78-2995

代表者
澤谷昭四郎

店舗の有無
あり

ウェブサイト
http://sawaya-yoho.jp/

生産者をもっと見る

空飛ぶごぼうPROJECT

産地を飛び出せ!空飛ぶごぼうPROJECTの挑戦。

空飛ぶごぼうPROJECT

寿司割烹海幸

1~5月に地元の太平洋海域で捕獲した天然本ますに、岩塩とグラ…

寿司割烹海幸

一般社団法人 東通村産業振興公社

東通村で生まれ、東通村で育つ。大地の恵みに、手間を惜しまず、…

一般社団法人 東通村産業振興公社

和・洋菓子の店むらなか

野辺地町から“笑顔・感謝・楽しんで”を商品にのせてお届け。

和・洋菓子の店むらなか

合同会社 巧房(街の社員食堂)

「また食べたい、もっと食べたい!」地元三沢の味を追求していま…

合同会社 巧房(街の社員食堂)

有限会社 マルナカ漁業

生産から加工まで、じっくり愛と手間をかけてできた貝柱。

有限会社 マルナカ漁業

材 株式会社

地元農家が愛す地元食材を、地域ブランドとして県外へ発信。

材 株式会社

彩喰楽酒 だい天

地元の特選食材をふんだんに使った商品開発の裏にある、三沢を愛…

彩喰楽酒 だい天

有限会社 三咲羽や

地元、三沢市のほっき貝など県産食材と情熱のつまった商品開発へ…

有限会社 三咲羽や

澤谷養蜂園

自然の恵への感謝とミツバチへの愛情が育む 日本一の「菜の花生…

澤谷養蜂園

(株)和がや みさ和活魚センター

自分たちのつくる味こそが、三沢の味になる。 おいしさとともに…

(株)和がや みさ和活魚センター

株式会社 東北すっぽんファーム

温泉を活かしてすっぽん養殖!? 新名物で地元・東北町を盛り上…

株式会社 東北すっぽんファーム

ベジ工房

昔からある食材でおいしく身体に良いものを。それは家族に料理を…

ベジ工房

小川原湖漁業協同組合

小川原湖の自然と美味しさを ずっと守っていきたいから

小川原湖漁業協同組合

みっちゃん工房

人と人とのつながり いつもそこから何かが生まれる

みっちゃん工房

市川養蜂場

丹精込めた蜂蜜と青森の自然の恵みを閉じ込めて

市川養蜂場

農事組合法人 岡山牧場

手をかけ愛情注いで育て上げた自慢の牛です

農事組合法人 岡山牧場

特定非営利活動法人 菜の花トラスト

太陽をたっぷり浴びた小さな菜の花を大きな可能性に変えました。…

特定非営利活動法人 菜の花トラスト

横浜町漁協女性部 ブルーマリン

横浜町漁協のかっちゃは今日も元気いっぱい

横浜町漁協女性部 ブルーマリン

有限会社すぎやま

地域が活きる味をそのままに。前進し続ける商品展開。

有限会社すぎやま

NPO法人 マンパワー

地元食材を使って、地域への想いを黒にんにくの旨みに詰め込みま…

NPO法人 マンパワー

有限会社マルヨシ

越冬にんじんで、地域の“冬”の時代を乗り切る

有限会社マルヨシ

株式会社Growth

ごぼうを地域から世界へ成長しつづける会社

株式会社Growth

スギヤマ商店

青森の隠れた逸品を“こだわり”の乾物に

スギヤマ商店

ろっかしょ村おこし 和の工房

地元食材を生かした商品開発で、村民の健康と自立した収入を目指…

ろっかしょ村おこし 和の工房

遠田秋月堂

栽培面積全国第5位のブルーベリーを活用したユニークな商品づく…

遠田秋月堂

松緑福祉会かけはし寮 工房プエンテ

まるで果実そのまま。自家栽培、無添加・手づくり、こだわりの味…

松緑福祉会かけはし寮 工房プエンテ

一般財団法人 野辺地町観光協会

季節や世代を問わずに親しまれるカワラケツメイ商品づくり

一般財団法人 野辺地町観光協会

居酒屋れすとらん えび蔵

旬のおいしさをそのまま食卓へ。品質に対するたゆまぬ挑戦

居酒屋れすとらん えび蔵

エム・エフ株式会社

無農薬、有機栽培のヤーコンをおいしくたっぷりと

エム・エフ株式会社

パン工房ビリオン

地元名産のカワラケツメイを活かして

パン工房ビリオン